2014年05月15日

アトピー性皮膚炎との付き合い方

アトピー性皮膚炎になる原因の特定は現代医療ではまだ解明されて
いないために予防策を取らなければいけません。


またアトピーになった場合にはしっかりとした知識を自分の中で
確立させてください。
医師の言うままにしておくと悪化をたどってしまう方も多くいますし
問題になっています。病院選びから考えたいところです。


アトピー性皮膚炎が発症する時期は主に幼児期です。
顔や首、ひじ、ひざなどの関節部分に多く見受けられます。
耳の端が切れる事もしばしばあるようです(我が子も)
治療の方法は主にステロイド剤で抑えて治す方法が一般的になっています。
我が家でも知識が無く当時はステロイドをつかっていたほどです。
あまり悪化していなければワセリンや市販の低刺激と言われている保湿剤
を塗ると良いと思います(医師の判断を頂いてください)


また子供の爪が皮膚に引っかからないように爪の管理もしてください。
あたりまえですが、ダニやほこりが多い場所で育てるのはNGです。
洋服も綺麗なものを選んでください。
食べ物に関しては様々な憶測がありますが、無難なものから少しづつ
与えていき、肌への症状が出るようであれば食べさせないで起きましょう。


呼吸困難や嘔吐、じんましんや皮膚異常などが出た場合は特に気を付けて
ください。まれに消化する段階で下痢や湿疹などがでるアレルギーもあるようです。
トラブルにならないように子供に与えない方法があるようですが、免疫的なもの
が付かないので弱いお子さんに育つようなので感がえて与えましょう。
我が家では幼児期にステロイドを使って治していましたが、現在では使って
いません。ただ、皮膚が弱いのでアレルギーなどに気を付けてます。


皮膚炎などが発生した場合はES27クリームを使いますが、カサカサ肌程度
だと市販品を使っています。
お勧めはプルミーミルキーローションですが、高いので量販店においてあるオーガニック
商品でも構わないと思います。


効果的なのはお風呂上りに塗る事ですが、乾燥がひどい場合は
常時塗ってもよいかと思います。
アトピーになると中々なおりませんが保湿を上手にする事で困る事は
少なくなると思います。気がついた時に保湿から初めて見ましょう。


posted by かいと at 09:01| 乳幼児のアトピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする