2015年05月25日

梅雨時期のアトピーは雑菌がかなり湧きます。

梅雨のアトピーについてですが、ジクジクしやすくなるので
表皮のケアが重要になります。
黄色ブドウ球菌などの微生物が表皮で増殖をしますので肌をきれいに
保っていないとすぐに悪化します。


黄色ブドウ球菌 アトピーで増加.png


元々は肌のバリア機能が低下しているから起こるのですが、肌質や
環境によりアトピーも致し方ない事があります。
黄色ブドウ球菌は誰しも持っているのですが、黄色ブドウ球菌がアレルゲン
など物質に変化をするために炎症を起こすと言われています。
慶応大学の専門機関でもこのような事を先日ニュースで流していました。


では雑菌を抗生剤の投与で治す事はできないのか?
と思いますが、実は実験では出来るような事を先ほどのニュースで言っています。
という事は飲み薬でアトピーが改善する日もやってくるのかもしれません。
抗生剤を飲むデメリットも発生してきますが・・・・


やはり梅雨の雑菌繁殖には内面的なストレス排除で、抵抗力をつける方法が
一番良いのかもしれません。
自律神経のケアが一番でしょうか。仕事をしなくて遊んでいればアトピーにも
ならない可能性が高いですが、そう言った訳にはいきませんよね。

posted by かいと at 09:21| 梅雨のアトピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする