2015年04月23日

アトピー性皮膚炎の原因は細菌の異常繁殖だと研究機関が発表した。

アトピー性皮膚炎の原因は度々研究機関により発表されていますが、
今回は細菌が異常繁殖したためだというニュースが飛び込んできました。


アトピー性皮膚炎と言えばアレルギー体質などと密接な関係があり、
lgeなどの数値で強弱が出ましたが、まったく関係がない?
細菌の異常繁殖が原因だそうです。
アトピーの事件では、黄色ブドウ球菌とコリネバクテリウムの2種類の細菌が
異常繁殖をしながらアトピーが広がると研究報告しています。
乾燥や、体質などによりこれらの細菌が繁殖する事が確認されたので、抗生剤を
投与して直す事になるそうです。だとすると、今までの対処療法は何?


ステロイドってなんだったの?
となりそうですが、まだ研究段階なのでさらなるメカニズムの解明が必要だと
いう事です。細菌の異常繁殖だとすれば皮膚に何かを塗って殺してしまえば
解決しそうだと思いますが、そうとも言えないのでしょうか。
かなりインパクトがあるニュースが出ましたね。
2015年4月23日発表です。


posted by かいと at 09:11| ES27クリームと電子付加治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

ES27クリームは微生物検査なども行われていますが、厚生労働省より定められている薬事法を遵守しています。

ES27クリームは日本で作られている製品です。
厚生労働省により定められている薬事法を遵守しており、薬事的な表現や
申請書作成をすべての製品に対して認可されています。


原料にも「原料試験成績書のない原料は、使用していない」と書かれており
自社基準に基づいた製品を提供しています。


電子不可治療 ES27クリーム 薬事法.png


安心安全の製品を提供していますが、
中には肌への相性などもある方がいますので、「苦情・問い合わせ対応」なども
行われています。また製品の中途解約などもできるので解らない事は問合せを
してみるとよいと思います。
おおむねみなさん2ヶ月〜3か月で効果を実感できているようですが、早い方は
数週間の方もいます。相性の問題もあると思いますが、出来れば悪化する前に
取組むと効果も早いと思います。


posted by かいと at 09:28| 電子付加治療ES27 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

花粉などの肌荒れにES27クリームは使えます。 

花粉が酷く舞っています。
この時期は一番花粉症になる方も多く困る時期ですね。
私も花粉症でアレルギーを発症するタイプなのでアレグラなどを常備しています。
アレグラを早めに飲めばいいのですが、出来るだけ飲まないようにしている
のでたまに肌が赤くアレルギー反応を起こしてかゆくなることがあります。


前にも載せましたが、手も赤くなるほどあアレルギー症状が出る事があります。
また酷い時は蕁麻疹がでて目の周りにブツブツが出来ると1週間は治りません。
体力が低下していたり、何かの切欠で通常よりも酷く症状が出る事があります。
高校生くらいからおっさんになるまでこれは治りません。


病院の先生や周りは、多くくなれば治るとか、体質は変わるから治るなどと
言いますが、アレルギー反応検査では数十の反応が出ており、治る事は無いと
自分では解っています。高齢になるとショック死する場合があるようですので
気を付けて生きていかなければいけません。


前置きが非常に長くなりましたが、ES27クリームを買った後に、肌にかゆみが出たら
ES27クリームが使えると言いたかっただけです。
夏場に蚊に刺されて塗ってみた時も使えましたが、開封したついでなので真似を
する事はありません。勿体ないです。
私は余ったので使っただけなので・・・
この時期は憂うつな日々が続きますが、4月に一旦よくなり5月になぜか再発するんですよね。
何かの花粉が影響しているんだと思います。


posted by かいと at 10:57| ES27クリームと電子付加治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

アトピーにならないためには油ものを取らない。保湿を早めにやる。この2点でも全然違います。

アトピー性皮膚炎の予防では、食事が第一にあげられています。
これはかなり浸透してきていますが、自分を自制させないといけないために
積極的に取り組む人はあまりいません。
結果が出るこのにやらない人が多いのも事実です。


生活をいきなり変えるのは難しいですが、悩んでいるのであれば少しでも
植物系の油を止めた方がよいです。
またお菓子などをよく食べる方はすぐにやめた方がよいです。
ただかえってストレスを抱える様になるのであれば、程々をお勧めします。


油を断つことがもしできたらアトピーはかなりの方で改善出来ると思いますが、
生活においてそれはほぼ無理な事です。
揚げ物だけではなくすべての食材の話ですから、ラーメンなどももっての他です。
お菓子もチョコレートやポテトなど100%NG食材です。
まあ難しいので3割でもカット出来れば素晴らしい事ですよ!
それとアトピーが肌から出るタイミングってカサカサになりますよね?
そのカサカサにならないようにとにかく保湿をする事です。


怪しいな〜と思ったら、早めに保湿をします。
これでも大分アトピー性皮膚炎を回避できます。
この段階ではステロイドを使う必要はありません。逆に使うと良くないです。
市販品でもOKですし、個人的には赤ちゃんにも使える安心のプルミーミルキーローション
最適だとおもいます(アトピーにも使えます)


電子不可治療でも良いのですが、自宅に余っていたらで良いと思います。
この段階でわざわざ買う商品でもないと思います。
だって高いですからね。プルミーも意外に高いですが量が結構あります。
お金の問題があれば市販品を使って様子をみるのも一つの手です。
やらないよりも断然やった方がいいです。
肌に合うのか合わないのかは個人差があるので使った後に考えましょう。
何もしないとステロイドの副作用で苦しむ事になりかねません。


posted by かいと at 10:06| アトピー性皮膚炎予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする